×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スティーブ・ジョブズ 本

Image Replacement
スポンサード・リンク

スティーブ・ジョブズ氏の波乱の生涯 光と影

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなったのが、2011年の10月5日。

スティーブ・ジョブズ氏に関しては、世界で関心の高いところで、
日本でも例外ではないところだと思います。

そんなスティーブ・ジョブズ氏の評伝が、書籍ベストテンの1位になりました。

どれほど売れているかといいますと、
予約を含めて、100万部を突破したといいます。

スティーブ・ジョブズ氏の番組がアメリカで作られていたんですが、
スティーブ・ジョブズ氏の死を受けて、新しい内容を付け加えたものが製作されたそうです。

それをなんと、日本のテレビ番組、
世界まる見え!テレビ特捜部がいち早く入手!

2011年11月14日に、その内容が放送されました。
世界まる見え!テレビ特捜部で日本初公開されました!

スティーブ・ジョブズ。
番組で放送されたその天才経営者の正体と波乱の生涯を、ここにご紹介いたします。

 

アップル社の創業者 スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ氏は、
iPodや、iPhoneiPadといった、
スタイリッシュで革新的な製品を世に送り出し、
我々のライフスタイルを変えてしまった現代のカリスマです。

 

スティーブ・ジョブズ氏は2011年10月5日、
56歳の若さで帰らぬ人となりました…。

スティーブ・ジョブズ氏に対する評価は実に様々で、

「過去10年で最も優秀な経営者」

「パソコンの未来を切り開いた革命家」

「自分勝手で傲慢な鼻持ちならない男」

そんな謎めいたスティーブ・ジョブズ氏の正体に迫る
ドキュメンタリー番組を、
世界まる見え!テレビ特捜部が緊急入手!

光と影が、めまぐるしく交錯する天才経営者の
波乱の生涯が紹介されたのです。

「TITANS」

偉大な人:スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ プロフィール

スティーブン・ポール・ジョブズ
Steven Paul Jobs

1955年2月24日生まれ 2011年10月5日没(満56歳)
出身 アメリカ カリフォルニア州サンフランシスコ

アメリカ合衆国の実業家。

アップル社の創業者であり、
スティーブ・ウォズニアックロン・ウェインマイク・マークラらと共に、
商用のパーソナルコンピュータ(パソコン)を開発・販売し成功を収めた共同設立者の一人。

スティーブ・ウォズニアックと共に、ワンボードマイコン、
Apple I」を開発・販売し、アップル社設立後には、
パーソナルコンピュータ「Apple II」を発表。

ゼロックス社パロアルト研究所を見学した際、
グラフィカルユーザインターフェースにインスピレーションを受け、
アイコンやマウスを装備したパーソナルコンピュータ「Lisa」を開発。

満を持して発表したマッキントッシュが爆発的に売れるも、
動作の重さが原因で売り上げが落ち、社内での発言力を失い孤立。

1985年9月、追われるようにアップル社を去る。

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、
ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。
映画「トイ・ストーリー」で、大成功を収める。

1996年、業績不振に陥っていたアップル社に復帰。
その後、業績を回復させる。

2001年にiPod発売。 
2003年には、iTunes Music Storeをオープン。

48歳の時、医師から余名宣告を受ける。病名は「すい臓ガン」。

2009年3月、交通事故で亡くなった20代の若者の肝臓を移植。

2010年、iPadを発売し大ヒットさせる。

2011年、新しい腫瘍が見つかり再発。

2011年10月5日、永眠。


スティーブ・ジョブズ関連の書籍

スポンサード・リンク

スポンサードリンク

スティーブ・ジョブズ関連









 iTunes Store(Japan)

iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)